【ダウと日経】まもなく高値からの暴落か

この記事は3分で読めます

どうも、ろくしょうです。

景気は何をもって良し悪しをきめるのでしょうか?

やはりメインとなる指標は、株価。

さて、18年の年末から19年1月にかけて、NYダウは大きく下落した。

日経平均もその動きを追従。

ところがその後半年で株価は大きく値を上げ、高値圏まで回復しました。

これは、ダウ、日経ともに同じ推移となっている。

日経週足チャート

ダウ週足チャート

市場はいまだ景気後退の局面には入っていないが、果たしてこのまま株価の価格は上がり続けるだろうか?

確かに景気後退のトリガーたる話題は今のところない。

だが、ここでお気楽に構えていてはいけない。

特に日本。日本の超低金利政策は既に定着しているが、これ、不景気になった場合、次の打つ手がないのも同然なんですよ。

金利を引き下げることは、お金の流通を活発にさせる引き金でもある。

なぜかって?

金利が下がれば、利息もさがりますよね。企業はお金を借りる際には金利が低ければ低いほどよい。

だから、金利引き下げは、景気刺激策として有用なんですね。

ところがですよ、日本ではすでにゼロ金利。もっといえば、マイナス金利。

こう考えると、すでに日本では景気維持のための切り札を使っているといえる。

ここにきて、アメリカの金利政策も、金利引き上げを渋り始めました。

これは、景気後退のサインとも取れます。

金利を上げてもなお、経済が成長するのが景気拡大中の状態。

つまり、アメリカ経済も、ここにきて陰りが出始めていると考えても良いかもしれないのです。

経済が成長を止めれば、株価は下落します。

これは国内外問わず、おなじように下落していくと考えた方が良いでしょう。

つまり、いま非常に経済成長、後退の瀬戸際になっていると考えられる。

こうなると、わが投資信託も基準価額が下がっていく可能性が大きい。

景気にさほど左右されない業種を取り扱う投資信託に切り替えるか、一旦現金化しておき、景気の底を見たうえで再投資することが、自分の資産を守る手立てとなってきます。

【暴落】予測することは可能か?

でも書きましたが、好景気と不景気を繰り返しながら経済は成長していきます。

後退局面が強ければ、不景気が続くことになります。

ただ、その不景気が続くのか、一過性のものかはわかりません。

でも確かに不景気はやってきます。

そして、今、不景気のサインが洗われているとも考えられます。

それが、株価の短期間での回復。

短期で回復したということは、どこかにヒズミを抱えているもの。

それが何だか分かれば苦労はしませんが・・・

ただ、ここ10年続いた成長がいったん急落(18年年末から19年1月)し、そこからたったの半年で急落前まで戻してきました。

この動き、あなたならどう考えますか?

不景気の対策ってのは、表立って現れて、認知されたときには、時すでに遅し。

悲観主義と言われても構いません。私はそろそろ本格的な景気後退が近いのではと考えています。

そこで、投資信託などの債権の一部は現金化を進めています。

結局のところ自分の資産を守るのは自分の判断でしかできません。

人にならっていたら、一歩二歩遅れます。

対応が遅れれば、資産の目減りが、3割増えると考えても良いでしょう。

つまり、100ある資産が60~70になってしまうということ。

もちろんその後、景気の回復にともなって再び資産は成長し始めますが、分かっている損失は出来るだけ避けるのが賢明。

とくに、銀行などが積極的に投資商品を勧めてくる時は注意が必要です。

銀行は出来るだけ預金の留保をしたいはずですから。。。

ここのところ、銀行から頻繁に強く投資のお話をよく貰うようになりました。 これも、景気後退のサインの一つだと感がています。

さて、あなたはこの記事をよんで、どう考えるでしょうか。

あまり時間はないと思います。

あなたの判断が、あなたの資金を守ることになることになるでしょう。

そして、その守った資金をもって、より資金を成長させることが出来ることを願っています。

これはあくまで、ろくしょうの想定であり、いかなる投資の最終判断はご自身の責任によって行ってください。

では、今日はこのあたりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

参加ブログランキング

ぽちっと応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク