アメリカの中間選挙でドドドドドっと

この記事は2分で読めます

投資を始めるタイミングは?

 

これは、読者の方からよく聞かれる質問の一つです。

 

長期投資を目的とした投資信託は、基本的にいつ始めても良いもの。
しかし、市況が下落傾向にあるいまは
いつ始めても良い中でも最良のタイミング。

 

特に今回のように、米中貿易摩擦が原因ともいわれますが、それもこじつけ感が否めない。
そんな、アメリカを中心とした「心理的な下げ」。

 

新興国ならまだしも日本ですらもNYダウ、NASDAQに引っ張られ株価は大暴落。

為替もドル売り円買いが進み、一時111円という円高を付けました(ドルの信用が落ち、円の信用が高まった)。

 

良くも悪くも、世界経済はアメリカの状況が影響を与えるという証拠。

 

日本の景気は決して悪くなく、企業成績も良好。
つまり、雰囲気で押し下げられた株価は、正常な価格に戻っていくものです。

既に、金曜日の株価は若干の戻しを見せました。
ただし、これは一時的なものと考えています。これは、日本に限らず、世界の株価も同じです。

 

投資で、継続して儲けを得ようとするならば、ニュースになる前に行動することが必要。
専業の投資家ではないですが、私も個人投資家の端くれなので、ここで一つ予想をしてみたいと思います。

 

私は、アメリカ市場はもう一段階ドドドドドっと下落。
その後、企業の成績が良いか悪いかにかかわらず、高騰に切り替わると予想。
切り替わってからの上げは下げ以上に急速に上がっていきます。

 

ではそれはいつなのか?

 

11月のアメリカの中間選挙です。
すなわちアメリカ、トランプ政権の今までの成果を評価するタイミング。

 

市場の動きは、熱狂的になればなるほど、急激に、そして実態経済以上の動きを見せるもの。
今回の下げからもお分かりいただけたんじゃないかなと。

これが、中間選挙で上げ基調で発生するのです。

その後、実体経済に合った水準まで調整が入り、今回の大暴落の終焉を迎える。

この一連の流れが10月から11月までの市況のシナリオだと私は考えています。

 

今年2月の暴落に続いて、今年最後の利益発進のタイミング。
投資信託には、先進国株式、新興国株式、国内株式が組み込まれているので、株価変動の影響を受けます。

投資信託を始めるからには、出来ればプラスで始めたいですよね。
そのタイミングが今だと思っています。

 

投資口座の開設はネット申込ですぐできますが、口座のID,パスワードの発行には
1週間程度の時間を要します。

 

つまり、口座はすぐに作れても、実際に取引を開始できるのは1週間後になってから。
もし今、投資信託を始めようかと考えているのならば、この流れに乗っかるのはアリです。

 

11月の中間選挙に向けて、下落からの回復。まだ今からでもこの流れに間に合うので

決断するのも投資家としてのスタートの第一歩。

一度検討してみてはいかがでしょう。

 

「アメリカの中間選挙でドドドドドっと」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

なお、私が使用している投資口座は
松井証券、SBI証券、ひふみ投信、セゾン投信です。

また投資ロボアドバイザーは
WealthNavi(ウェルスナビ)、TEHO(テオ)を利用しています。

この機会にみなさまも口座開設をして、投資を始めてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク