長期投資に適したファンドとは(2)

この記事は2分で読めます

長期投資に適したファンドとして、
流行りすたりがないファンドがおすすめです。

 

前回は、適さないファンドとしてテーマ型。
適したものとして不動産投資ファンドを見てきました。

 

引き続き、長期投資に適したファンドをもう少し見てみましょう。

これからご紹介するファンドは、いずれも「つみたてNISA」が適用できるファンドであり、
ある意味、国が認めた優良ファンドといえるものです。

 

|長期投資に適したファンド

ハニカム分散投資を推奨。たとえ良いファンドであっても
それがいつも好調とは限りません。好調と不調、この波が重ならないように
分散投資出来ることが、長期投資に適したファンドだといえます。

 

一言で言えば
国内株式、国内債権、先進国株式、先進国債権、新興国株式、新興国債権、国内REIT、海外REIT
この8分野に分散して投資することが、好調、不調をそれぞれ補って
「強い資産」を積み立てていく方法だと考えています。

では、具体的にはどのようなファンドにすればよいのか。

 

|eMAXISシリーズ

三菱UFJのeMAXISシリーズは、いずれもバランスの取れたファンドだと考えます。
中でも「eMAXIS  Slimバランス(8資産均等型)」

各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざして運用を行います。
各マザーファンド等を通じて、日本を含む世界各国の株式(DR(預託証書)を含む)、
公社債および不動産投資信託証券(リート)に実質的な投資を行います。

 

「eMAXIS NYダウインデックス」

ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)(円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
「NYダウインデックスマザーファンド」を通じて、米国の株式に実質的な投資を行います。原則として為替ヘッジは行いません。

 

「eMAXIS 国内リートインデックス」

東証REIT指数(配当込み)と連動する投資成果をめざして運用を行ないます。年1回決算を行ないます。

 

 

|インデックスファンドとは

ベンチマーク(日経平均株価や東証TOPIX)を基準として、運用されているものをインデックス運用と言います。
インデックス投資は、ベンチマークに連動することを目標としているので平均点を狙う投資方法。

平均点を狙えばいいので、市場に合わせた動きをしている銘柄を自動で投資銘柄に組み込むといったシステムもあり、
ファンドマネージャーが銘柄を細かく検証するといった信託会社の人的コストが抑えられることで、
信託会社に支払う信託報酬(投資者から見たコスト)が低いのが特徴です。

 

今回は、長期投資に適したファンドとして、インデックスファンドを見ました。

次回は、アクティブファンドについて考えていきます。

 

今回ご紹介したeMAXISシリーズは、SBI証券などで取り扱っていますので、
ご興味がある方は、こちらから口座開設出来ますので、ご検討してみてください⇒SBI証券
 

「長期投資に適したファンドとは(2)」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク