ウェルスナビ 基本機能と税金対策DeTax

この記事は4分で読めます

 

投資ロボアドバイザー「ウェルスナビ」は使える投資ツールか?

私は、7月から活用していますが、使い方は非常に簡単。

 

今まで、5回にわたって運用結果を報告(前回の報告はこちら)してきましたが、
機能についてあまり触れてこなかったので、紹介したいと思います。

 

投資開始から2ヶ月。
18年8月28日現在 プラス 1.62%で、9,417円の利益となっています。
8月上旬にトルコショックがあり、一時マイナスもありましたが、早々にプラスに転換。
投資信託の年利は、一般的に5%~6%と考えると、まずまずの状況。

 

 

 

自分で6~7つの銘柄を「選び」
目標とするポートフォリオ(投資種類の組み合わせ)の比率を維持するよう
投資商品を「購入」「売却」する手間を考えると
自動でここまで運用してくれるのは、ありがたい。

 

デメリットといっていいのか分かりませんが
ポートフォリオの比率を自分で変更することはできません。

 

ただ、私は他にも投資をしており、変に考えなくていいので
「全部お任せ」にメリットを感じています。

 

 

|ウェルスナビの基本機能

 

「アドバイザー機能」

「投資ロボアドバイザー」結局のところ、何がいいのか。

アドバイザーと銘打っているだけあって、
あなたの投資タイプを5段階の「リスク許容度」で判定してくれます。

 

リスク許容度が高いほど、高い利回りをねらった分散投資。

許容度が低い場合は、利回りをねらいながらも、
元本を守る(元本が保証されているわけではありません)分散投資となります。

 

 

「シンプル設定」

一度決めた投資タイプは変更できるのか?

 

積立投資信託は、5年、10年と継続していく投資方法です。
将来にわたって、あなたの生活スタイルが同じとは限りませんよね。

 

ウェルスナビでは、あなたのライフスタイル、収入、資金の用途が変わるごとに
いつでも投資タイプの設定を再判定することが出来ます。

 

もちろん自動判定で選ばれたリスク許容度を手動で変更できるので
少しリスクを許容したい、減らしたいといった要望にも応えるこも。

 

例えば、独身であれば、より積極的にリスク許容度5。
結婚を機に、リスクを抑えた中間タイプのリスク許容度3に変更するなんてことも。

 

また、毎月の積立金額ですが
来月は少し多く積立したい、積立を少なくしたいといっ場合も
シンプルでわかりやすい操作で設定できます。

 

変更する項目も
「目標金額」「追加投資額」「毎月の積立額」
「運用期間」「リスク許容度」
と、いたってシンプル。

 

 

「クイック入金は振込手数料が無料」

投資金額の入出金について、
三井住友銀行、みずほ銀行、東京UFJ銀行
住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行
をご利用されている場合は

振込手数料が無料のクイック入金ができます。

 

クイック入金では、各銀行からの入金が即時反映されるので、
追加購入したい時には特に便利な機能。

 

また、上記銀行以外からは、通常振込で入出金できるので
どなたでも利用可能となっています。

 

 

 

 

|リバランス機能

リバランスとは
目標とするポートフォリオ(投資種類の組み合わせ)の比率を保つよう、調整すること
です。

 

長期間、資産運用を行っていると、保有している投資債権で値上がりするものもあれば、値下がりするものもあります。
その結果、目標とする比率と実際の比率がずれてきます。

例えば、最適な比率が
日本株式 50万円(50%)
米国株式 50万円(50%)

だったとします。

 

しかし、価格が変動することで
日本株式 70万円(70%)
米国株式 30万円(30%)

といったように目標比率が変わってくることも。

では、比率が変わると何がいけないのか?

 

「価格が上がったのなら、そのままでもいいじゃないか!」

「価格の下がった米国株式を買う必要なんてないじゃないか!」

そう思いますよね。

 

でも考えてみてください。

日本株式の調子がずっと上昇ならば良いですが、下落することだってあります。
日本株式の好調だけに頼っていると、価格が下落すると大きな損失につながりかねません。

 

そこで、下落するリスク、損失を抑えるよう
値上がりした株式の一部を売却して利益を確定します。

そして、値下がりしている米国株式を追加購入して、最適な比率
日本株式 50万円(50%)
米国株式 50万円(50%)
を保つようにします。

 

このようにリバランスすることで
日本株式の値下げした場合の損失を減らし
米国株式が値上げした場合の利益のチャンスを増やします。

 

このリバランス。ウェルスナビは自動で行ってくれます。
つまり、自動で購入してくれるだけでなく、売却まで一貫してお任せ。
投資初心者にとって、売り時ほど悩むものはないので、かゆいところに手がとどく機能。

 

バランスを保つことが必ず良い結果につながると一概には言い切れませんが
分散投資、リスク分散を考えると
リバランスは「強い資産」「堅い資産」を作るうえで有効と言えます。

 

 

|税金対策DeTax

投資ロボアドバイザーはテオ(THEO)など、ほかにもありますが
税金対策DeTaxはウェルスナビだけの便利機能です。

 

投資商品を売却して利益がでると、その利益には税金がかかります。
この税金を繰り延べる機能がDeTaxです。

簡単に言うと、その年に支払う税金を、翌年以降に繰り延べてくれる機能です。

 

DeTAX(デタックス)とは、分配金の受け取りやリバランスなどによって生じる税負担の一部または全部を、保有銘柄の「含み損」を実現して「利益」を相殺することにより、税負担を翌年以降に繰り延べる機能です。

ウェルスナビ公式サイトより

 

 

|まとめ

人工知能を採用しているウェルスナビ。
ウェルスナビは、学び、進化していきますが
その中で、投資をする「人」も同じく、学び、進化できるツール

投資を始めてみたい、でもどうしていいか分からない。
そういう人にこそ、おすすめしたいツールです。

 

「ウェルスナビ 基本機能と税金対策DeTax」

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ウェルスナビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク