投資信託でレバレッジをかける(1) 売買目的の投資信託

この記事は2分で読めます

 

積立投資信託は、元本積立による複利をねらいます。
それゆえ、利益が出てくるまでには
年単位での期間がかかるものが一般的。

 

「そんなに待てない!」
かといって、株式売買はアップダウンが大きく怖い。

そういう人の要望に応えるのが売買目的の投資信託

 

|売買目的の投資信託

投資信託というと積立投資信託が注目されています。

その一方で、株式同様に売買益をねらう取引も一般的。
投資家からすると、売買目的の投資信託が主流といってもいいでしょう。

 

それゆえ、デイトレーダーとまではいかなくとも
市場の情報に敏感である必要があります。

 

将来のための「積立投資信託」ではそこまで重視していない、
売買のタイミングが要求されます。

 

投資信託の基準価額は、あくまで運用会社が運用した結果なので、
運用が上手くいっていれば、プラスに
運用が上手くいっていなければ、当然マイナスに
なります。

 

ただ、株式売買のように
「売り買い人」「買いたい人」の多い方へ純粋に価格が動くわけではないので
投資家心理による、急激な上昇、下降といったことは少ないと言えるでしょう。

 

 

|売却のタイミング

では、どのタイミングで売れば良いのか?

投資信託での売却タイミングは、期間ではなく「売買益」で決める。

 

資金の回転率、現実的な利益率を考えると
5%の利益が出た時点で売却することが理想だと考えています。

 

5%の利益といっても、数日から数か月、時には年単位かかることも。

「積立投資信託で年利5%」と考えると、年単位かかるというのは、うなずけますよね。

 

資金の回転率を考えると、
マイナスは15%になった場合または2ヶ月以上プラスにならない場合
売却することを、私はルールとしています。

資金の回転が少なるなることは
お金を決まった投資商品に固定化してしまうことは、利益の機会を失うことを少なくする。
回転率を上げることは、効率的に資金を使うために必要なこと。
ただし、これは積立投資信託には当てはまりませんので、ご注意ください。

株取引でも言えることですが、売買目的の投資は
プラスにしろ、マイナスにしろ売る基準を自分で決めておくことが大事です。

 

プラスの場合は、利益を上げたいから「もっと上がるかも」
マイナスの場合は、損を少なくしたいから「もっと上がるかも」

 

この「もっと上がるかも」心理が、売却のタイミングの判断を遅らせます。

タイミングが遅れたことで、好機を生むこともありますが、
その多くが「利益が少なくなった」「損失が大きくなった」といった「事故」を招きます。

 

売買を目的とする以上は、自分が納得できる「売却タイミング」を決めておくことが
損失を少なくして、利益を上げていく大事な要素になります。

 

 

そして投資信託にも、実はレバレッジ取引
すなわち、小さい金額で大きな金額の取引が出来る投資商品があります。

 

次回は、レバレッジ取引の安全性、有効性について考えていきます。

 

「投資信託でレバレッジをかける(1) 売買目的の投資信託」

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク