トルコ投資信託の考察 時流に逆らわない

この記事は3分で読めます

トルコリラの下落で、外為FXは
なかなかの混迷が続いている様子です。

 

「下がった今こそ、ここでFXを始めたら儲けれる!」
そんな甘いささやきが聞こえてきそうですね。
実際、為替相場は底を打った感はありますが、さてどうなるでしょうか。

 

 

|投資信託から見たトルコ・ファンド

 

政治的、経済的に緊張はまだまだ続いており
民主主義とは言い難い統制が敷かれているトルコ。

「政情リスク」の点から、おすすめできない状況を依然として抱えています。

投資信託の多くは純資産も基準価額も続落しており、
そもそも投資対象として考えていませんでした。

 

良い機会なので、トルコを銘打っているファンド商品を調べました。
案の定、トルコリラ建て債権は軒並み大打撃を受けています。

その一つ「大和ートルコ・ボンド・オープン(毎月決算型)」を見てみましょう。

 

|大和ートルコ・ボンド・オープン(毎月決算型)

「運用方針」

トルコ・リラ建債券に投資します。
投資対象は、トルコの政府および政府関係機関ならびに国際機関等が発行する債券とします。
金利や物価の動向、経済情勢や市場環境等を勘案し、ポートフォリオを構築します。

 

純資産額も180憶円あったものが、一時97憶円まで減少。
8月16日現在は少し戻して100億円となっている状況。

 

 

 

「考察」

2017年7月に4000円だった基準価額が、1年間で1500円まで下落しています。

 

特筆すべきは、赤い線の「再投資後の基準価額」の下落。

 

毎月決算型なので、月々分配金が投資家に分配されます。
再投資とは、この分配金を元本に組み入れることで、複利効果をねらうもの。
複利で運用するので、評価額は現状維持が最低限のラインです。

 

トルコ・ボンド・オープンは、この複利効果を加えても下落が止まりません。

投資信託の基準価額は、運用の結果です。
つまり、先日のトルコショックよりもっと前から
明らかに資産運用が上手くいっていないことが分かります。

 

これは、ファンドマネージャーがよっぽどの、とんちんかん。
もしくは、お国柄の問題で、自由な投資活動が出来ていないか。

 

数値の動きしか分からないので、推測の域は出ませんが
いずれにしても回復が見込めないファンドであることは分かります。

 

もし私が「大和ートルコ・ボンド・オープン(毎月決算型)」を保有していたら
投資初心者が、儲けるために決めておくべきこと」で述べたように
評価額が取得価額より15%下落、または2ヶ月保有で利益が出ない時点で売却しているでしょう。

 

さらに急激に評価額を下落させてきた原因があります。
それは、下落に見切りをつけファンドを解約する人が増えること。
解約するということは、投資家にお金を返済しなければなりません。

 

返済のお金は、ファンドの資産から出すものです。
資産からお金を作るには、投資している債権を売却しなければならない。

債券を売却して投資家にお金を返す。

債権を売却しているので、運用するお金が減る。

お金が減るから、思うように運用できない。

運用できなければ、利益を出せない。

利益を出せないが、分配金は支払わなければならい。

資産を取り崩して分配金を支払う。

さらに基準価額が減少する。

この悪循環が繰り返される。

 

つまり、トルコショック以前からすでに解約が発生し、純資産が急激に減少していた。
残った純資産も、既に利益を出せないジャンク債(くず債)だった可能性も。
そこに、トルコショックによる損失が加わったことで、為替同様に価額が急降下したと推測されます。

 

なお、8月16日の日本経済新聞によれば、同ファンドは解約(売却)申込を一時停止しているとのこと。

大和証券投資信託委託や三菱UFJ国際投信は
「トルコの通貨や債券の売買が困難で、必要な取引ができない」ために
リラ建て債券で運用する投信の購入と解約申し込みを一時停止。

 

リラ急落の影響でトルコの金融市場が混乱。
売買注文を出しても取引が成立しにくくなっている

 

 

|まとめ

以下、私見として。損益の保証は一切の責任を負いません。

 

投資信託で、これを好機と見て短期間で一儲けしよう。
そう思ってトルコ投信への投資を考えているなら「やめた方が良い」。
少なくとも、ファンドのペイオフ(破綻)が回避されたという情報があるまでは静観が妥当。

 

投資信託といえど、時流に逆らっては大きな損失を招きます。
「ほかの人のピンチ」で「自分のチャンス」を買っても、時流には乗れません。
ましてや、時流に逆らっても最良の結果は得られないでしょう。

 

「トルコ投資信託の考察 時流に逆らわない」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク