モーゲージ債 PIMCO世界不動産関連債権ファンド

この記事は2分で読めます

長期金利と不動産の関係を以前にお話ししました。

一般的に長期金利が低ければ、不動産業界は活況となります。

米国長期金利は、3%弱と低い水準。
インフレ圧力は弱いため、当面この水準を維持するものと考えいます。

 

ここで、モーゲージ債という債権に注目したい。

 

|モーゲージ債権とは

住宅ローンを担保として発行された債権。

住宅ローン債権は、大きく
「政府系住宅ローン担保」「非政府系住宅ローン担保」「商業用不動産ローン担保」の債権がある。

日本では、あまりなじみがないが、米国の債権市場としては、
国債・政府機関債権1800兆円についで、モーゲージ債権は1000兆円と
市場規模は極めて大きい。

 

もちろん、政府系住宅ローン担保の債権は、リスクが低いことから利回りもやや低め。
非政府系住宅ローン担保の債権は、利回りは高めの設定となります。

 

住宅ローンを商品とするなると、どうしても気になるのが、サブプライムローン問題。

その多くは、非政府系で格付けAAA~格付け無しまで幅広いため
ローンの焦げ付き頻度も高かったといえる。

 

政府系モーゲージ債は、政府金融機関が発行している債権で、
信用格付けAAAと信用度は高い。これは、国、政府と同様の信用度合いといってもいいのではないか。

 

 

|PIMCO世界不動産関連債権ファンド

 

このモーゲージ債権を取り扱った、投資信託商品がこの夏8月から日本でも販売が開始された。

 

販売元は、三井住友トラストアセットマネジメント

運用会社はPIMCO(ピムコ)

投資商品名は「PIMCO世界不動産関連債権ファンド」

(毎月分配で為替ヘッジあり・なし)(年2回分配、為替ヘッジあり・なし)の選択ができます。

 

運用会社であるPIMCOは1971年に設立された企業で、世界最大級の運用会社。
他の類似するモーゲージ債権での運用実績も高く、

政府系住宅ローン担保債権と非政府系住宅ローン担保債権をアクティブ運用。
状況に応じて、比率、組み換えを積極的に行うことで、市況の影響に左右されにくい運用を行ってきた。

 

「PIMCO世界不動産関連債権ファンド」は設立間もない投資信託商品であるが、
PIMCOの過去の実績、長期金利のキープから、運用条件としては良い。

 

設立間もない投資ファンドは実績もなく、将来的な予測は難しいが、
現在の経済条件下とPIMCOの運用実績から、日本でも今後注目されていく分野となるのではないか。

 

リスクを抑える投資信託を前提とすると、参入する分野かどうかは意見が分かれるところだが、
他の投資信託商品で、足元を固めているのであれば

ポートフォリオの一つとして加えてみても面白い商品だと思います。

 

「モーゲージ債 PIMCO世界不動産関連債権ファンド」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク


【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】


フレンドブログリンク