資産の強度を高める ハニカム分散投資

この記事は2分で読めます

 

「ハニカム構造」ご存知ですか?

 

ハチの巣の形。正六角形と言えば、分かるかもしれませんね。
ハニカム構造は、物理的な強度に優れていると言われています。

 

 

物理的な~などというと途端に難しくなるし
わたしも物理学者ではないので専門的なことはわかりません。

 

なので、簡単に説明しますね。

 

圧力を分散する形が一番優れているものは「円」や「球」です。

サッカーボール、野球ボール。なぜ「球」が使用されているのか。
おおよそ、球技と呼ばれるものは「球」ですよね。

 

当たり前だろ!と思いますよね。

 

ではなぜ、球なの?

 

力いっぱい蹴られて、打たれて、でも壊れない。
それは「圧力を分散する力」が優れているためです。

 

球の中心をとらえることで
小さな力を大きな力に変えて、遠くに飛ばすことができる。
つまり力学的に、反動力に優れているのが球。

 

ちょっとミステリーになりますが「古代遺物で完全球体が見つかった」
なんて話が昔からあるように、完全な円や球を作ることは、とても難しいこと。

 

そこで、円、球に次ぐ「強度」と「反動力」をもつ形が正六角形。
この正六角形をつなげたものが、ハニカム構造です。

 

ハニカム構造は、その強度から、飛行機の素材に採用されており、
身近なところで言えば、段ボールもハニカム構造を取り入れています。

 

 

これは物理的な話ですが
このハニカム構造理論、実は投資にも言えることなのです。

 

それがハニカム分散投資

 

分散投資のメリットはなんでしたっけ?

 

そう。リスクの分散。つまり圧力の分散。
そして、圧力から反動力を得る。つまり利益の効率化を得る。

 

ハニカム分散投資は「リスクを抑え」「利益を有効に出す」
基本形にして、理想形です。

 

つまり、6つの投資銘柄を「1ユニット」として、そのユニットを複数所有する

・リスクという圧力に対する強度を高める
・反動力によって利益を効率的に出す

これがハニカム分散投資です。

 

では具体的に、どのように投資するのか。
一言でいえば「ポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)をいくつも持つ」こと。

これは、複数の投資会社、証券会社、金融機関を利用して、複数のポートフォリオを持つということです。

 

「資産の強度を高める ハニカム分散投資」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<スポンサーリンク>

長期投資のセゾン投信
つみたてNISAをはじめるならセゾン投信

レオスのひふみ投信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク