積立投資信託 ほったらかしもいいけれど、チャンスの時は増資もあり

この記事は2分で読めます


市場が大きく下落したら、あなたならどうしますか。

あせって売却を選ぶ人も多いかもしれませんね。

売却した後、しばらくは心理的ダメージから立ち直れない。
そういう人も多いのでは。

 

でも考えてみてください。
投資では、こういう時こそ
新しい銘柄や買い増しの良タイミング。

 

18年2月。ダウ下落を受けて、世界全体的に株価が下がりました。
日経も影響を受けて大きく値下がりして、焦った方も多いのでは。

 

堅調だったアメリカ経済で、なぜ続落が発生したのか。

 

原因を探ってみると、一瞬の大きな値下がりをうけて
自動売り設定していたシステムが、設定値以上に値下げを受けて連鎖的に売却。
実態経済に合っていない値下げを発生させたのが、続落の原因でした。

 

投資信託も日経平均と同じ値動きを目指すインデックスファンド
日経平均よりも上をねらうアクティブファンド
いずれも多くの投資商品で価額が下がりました。

このタイミングこそが増資をするチャンスと考えましょう。
評価以上に値下げして、それまで割高だった債権を割安で購入。

わたしは2月に実際、3つの投資信託商品 REIT(リート)に追加増資しました。

その効果が、6月下旬~7月にかけて現れ始めています。

 

 

|J-REITリサーチオープン(毎月分配型)

 

購入時 1口7550円 分配額65円
100万円で月々8500円の分配金。

オフィス空き室率が低下。オフィス需要は堅調。
数か月前の価格10000円前後を考えると、非常に割安。
なにより、ここ3年、65円の配分額の切り下げがない。優良。
あと、日本頑張れの気持ちを込めて。追加購入。

 

|インフラプラス(豪ドルコース)

購入時 1口7300円 分配額120円。
100万円で、月々16400円の分配金。
基準価格は下げ基調。総資産額は純増なので、分配額の切り下げ要因小。
為替リスクはそれなりにあるが、カントリーリスク(国の情勢など)は低い。
追加購入。

 

|インフラプラス(米ドルコース)

 

購入時 1口11000円 分配額150円。
100万円で、月々13600円の分配金。
ダウの下落をダイレクトに反映。
手の届く価格になり、分配金150円と高パフォーマンス。
ダウ続落のリスクもあるが、実態経済に合わせた値動きを取ると予想。
新規購入。

 

この3銘柄、ゆっくりと回復。6月に損益プラスに反転。
純資産も6カ月で堅調に増加し、分配金額の切り下げもありません。

 

結果として、良いタイミングで資産を増やすことができました。
さらに、分配金も月々38500円増加に成功しました。

 

実体経済が好調なのに、市場が下がる場合は、
増資、新しい投資信託商品の購入をするチャンスです。

ただし、これは純資産が成長している先、
分配金の切り下げが発生していないか、軽微な投資信託に限ります。

 

ほったらかしの積立投資信託でも時に、のちのち資産を成長させる機会があるので
市況がざわついてる、ニュースで大きく取り上げられているときは
価額をチェックしてみるのも一つの投資テクニックです。

 

「積立投資信託 ほったらかしもいいけれど、チャンスの時は増資もあり」

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク


【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】


フレンドブログリンク