生命保険の失敗から学ぶ 掛け捨てを積立すべきだった

この記事は2分で読めます




掛け捨て生命保険
あなたは年間何十万円も捨てていませんか?

10年間では、実に数百万円を捨てることになります。

家族がいる方なら、自分に何かあった時に
家族が生活できるようにと、死亡保険料を厚くしているかと思います。

 

でもそれって、本当に必要?

 

もしマイホームをお持ちなら、団信保険に入っているので
死亡した際の、ローンはすべてゼロになり、マイホームはそのままになります。

 

なので、日々の生活費だけを心配すればよいはずです。

 

といっても、生命保険の営業ではそういった本音を説明してくれません。

 

保険会社も商売ですから、それが悪いこととは思いませんが、
一時金で2000万円、3000万円も必要になるでしょうか。
本当ならば、自分のことなので、しっかりと理解しておく必要があるのですが、
保険って聞くとどうしても言われるままというのが実態ではないでしょうか?

 

実を言うと、私は以前は保険について、まったく無頓着で
営業マンに言われるまま、死亡保障を手厚くして
びっくりするぐらいの保険料を支払い続けていました。

 

私は、10年前に住友生命に加入。
月々4万円の保険料を支払っていました。
結果、実に10年で400万円を捨てることに。

はっきり言って、もったいないの一言です。

生命保険は10年で、基本料金が値上がりするタイプが多く、
今年10年目となるため、見直しをすることに。

 

年齢が上がるので、当然病気になる確率は高くなるので、
その分、保険料も上がってしまいます。

 

今回、生命保険を見積してもらいましたが、月々5万円に。

そんな経緯もあり、保険コネクトさんを通して、保険自体を見直すことにしました。

無料保険相談の【保険コネクト】

私が投資信託を始めたのが5年前ですから、
その時に、保険も見直しをしていれば、
少なくとも200万円は掛け捨てせずにすんだのにと後悔しています。

 

生命保険は解約してしまうと、
それこそ本当に掛け捨てになってしまいます。

 

話を戻して

これでは、あまりにももったいなさすぎですよね。

投資信託であれば
たとえ初心者であっても
仮に元本割れを起こしていたとしてもゼロになることはありません。

 

むしろ、元本割れになる商品を選ぶ方が難しいので、
500万円とか600万円になっていたかもしれない。

 

保険に無頓着というのは、資産運用上
痛恨の一撃としか、言いようがありません。

 

なお、これは私の生活スタイルに合わせたもので
必ずしも、住友生命さんの商品が悪いということではないことは、ご承知願いますね。

 

とはいっても、資産運用をするというのは
投資するだけでなく、
過剰な保険料を抑えることも
一つの方法だということを知ってください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<PR>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク