投資ランキングに一任しない

この記事は2分で読めます

投資ランキングで人気だから

有名企業だから

ブログやメディアで取り上げらていたから

 

あなたは、それを理由に投資銘柄を選んでいませんか。
それを理由に投資した結果はどうでしょう。
儲けることはできたでしょうか。

 

投資を何年も続けていても、このような理由で銘柄を決めているなら
いつまでたっても初心者からは抜け出せません。
もっというと、投資で儲け続けることはできません。

 

もしかしたら、一時的に儲けることはできるかもしれませんが
すでに出来上がった情報をもとに銘柄を選んでいては
手痛い経験をすることになるからです。

 

例えば、コンサートのチケットが適正価格以上の高額で売買されているような状態。
正規のチケットが5,000円で売られているのに、
手に入れたいがために、何万円も出して購入しているようなものも。

 

コンサートは、好きなアイドル、グループ、アーティストだから
というのは分かりますが、投資ではその考え方は、危険です。

 

ランキング上位にあるということは
債権のパフォーマンスやリスクの面で優れているといえます。
その時点では、高利率で利益を出しているから
初心者は「安心して」飛びつきやすい。

 

だからこそ、売買する人が大勢いて、結果としてランキング上位にいるわけですが。
なかには上位にいるということで、債権の妥当な価格よりも高くなっていることが多い。

 

短期間で売り抜けるのであれば、それでも良いでしょう。

 

しかし、プロのデイトレーダーであっても、儲け続けることは難しいというのは、
ネットを探してみれば、わかっていただけるでしょう。

 

もし妥当な価値より高い値段がついている状態ならば、
市場の摂理からすると、遅かれ早かれ価格は下がります。

 

特に株売買は1日のずれで大きな損益を出すものです。
売りのタイミングを間違えると、値下げしてずっと塩漬けなんて結果に。
日中に頻繁に売買をできないサラリーマン投資家ならば、
なおさら、売りのタイミングを見極めるのは大変なことです。

では、どうしたらよいのか。

 

まず、目先の利益を追いすぎないこと。
そして「もっと上がるだろう」「まだ大丈夫だろう」
この「だろう」という甘えを捨てることが必要です。

目先の利益を追いすぎないことというのは、見方を変えると
長期の保有で利益を出していくということ。

 

長期の保有というのは、積立投資信託と、分配型の投資信託のことです。

ここで、積立投資信託が良いのか、分配型投資信託が良いのかという
どちらかの選択をするのか迷うことがあると思います。

 

ではなぜ

積立投資信託と分配型投資信託
どちらかを選ばなければならないのでしょうか。

結論を言うと「どちらにも投資する」が正しい選択です。

 

積立投資信託は、将来に備えての資産の積み上げを目的に
分配型投資信託は、今の生活を豊かにすることを目的にしています。

 

あなたは、将来の生活と今の生活、どちらが大事ですか?

 

積立て投資信託と、分配型投資信託、どちらかを選ぶということは、
将来と今のどちらかを選べと言っているのと同じことです。

将来の生活も、今の生活もどちらも大事だし、
ずっと「豊かな生活を送りたい」というのが目的ではないでしょうか。

 

だからこそ、

積立投資信託で、将来に備えての資産の積み上げながら
分配型投資信託で今の生活を豊かにすることを考えてください。
そのために、まず脱初心者を目指してください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


<スポンサーサイト>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク


【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】


フレンドブログリンク