NISAとiDeCo全部のせ

この記事は1分で読めます

NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ)とどちらが良いか
迷っていませんか?

 

じつはどちらも使う」が、わたしの回答です。

「えっ」と思いましたか。

 

はっきり言いますね。
NISAとiDeCoは併用できます。

なので、メリット、デメリットを比較することは、
あまり意味がありません。

どちらもメリットがあり、どちらかを選ぶならばデメリットはあります
ならば、どちらも使うことが賢い資産運用と思いませんか?

 

そもそもNISAとiDeCoの違いを一言でいえば

NISAはいつでも引き出すことができるのに対して、
iDeCoは60歳まで引き出しができないということ。

 

その他違いはありますが、根本的に違うのはこれだけです。

 

また、NISAには一般NISAと積立NISAがありますが、
残念ながら、こちらは一方しか利用できません。

一般NISAは、利用できる金額が1年で120万円で、積立NISAは40万円。

もし頻繁に投資信託や株取引をするのであれば、積立NISA。

頻繁に投資信託や株取引をしない、または何度か取引をしても
1年で120万円以上投資しないのであれば、一般NISA。

 

NISAと積立NISAで迷うのは人それぞれのスタイルですが
NISAとiDeCoは、どちらも利用することが効果的。

 

もし、どちらか一方でうまく運用できなくても、
もう一方でうまく運用できていれば、
それだけ損をするリスクが減ることになりますよね。
これは、投資でいうリスク分散と同じこと。

 

投資の手札を増やしておくことが
あなたの将来の家計をきっと助けてくれるでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


<スポンサーリンク>
松井証券

セゾン投信
つみたてNISAをはじめるならセゾン投信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク