投資のビギナーズラックを続けるには

この記事は3分で読めます

はじめての投資信託で利益が出た」
そんな経験ありませんか?

「この調子でどんどん儲けるぞ」
そう思って、初めての時と同じように投資を続けていませんか?

「この前は儲けれたのに」
どうしても人は成功体験を基準におくんですね。

まず、不思議ですがビギナーズラックはあります。

これは投資だけではく、仕事で初めて受注したとき
競馬やパチンコなどでもよくあることです。

右も左も分からないから
人に聞いたものを慎重に吟味し、できるだけ堅いものを選ぶ。
この2点から銘柄を選ぶことで
ビギナーズラックの発生率は高くなると私は考えています。

でも、一度大小にかかわらず成功を出す経験をすると、
たいていの人はそこで思考を止めてしまうんですね。

また、このパチンコ台で行けるだろう。
この時間帯で行けるだろう。
この馬を軸にすれば行けるだろう。
初心者であればあるほど、
こういったゲン担ぎのような状態に飲み込まれやすいものです。

 

投資で言えば、ネットで見聞きした、利益が多く出ている債権や投資信託に
大金を使って、安易に手を出してしまう。

これが2回目、3回目の失敗(損失)につながってしまいます。

 

一度目は小さな儲けだったらから、今度はもっと大きく儲けようと
投資する額を一気に増やしてしまうので、その分損失も大きくなってしまう。

 

一度目の成功で、同じ銘柄にさらに追加投資したり
似たような銘柄に手を出してみたり。

これが往々にして、悪い結果につながることの原因だと、わたしは考えています。

ではどうしたら、ビギナーズラックを続けることができるのでしょうか。

 

そのためには投資信託債権を、
今度は自分の意志で戦略的に探して、決める必要があります。

それが、分散投資信託と、積立投資信託というものになります。

類似した投資先で運用している投資信託商品は、同じ動きを取るのは当然ですよね。

 

例えば、株価に連動するように運用されている投資商品であれば
株価の価格に左右されることを知る必要がある。

株価の値動きよりも上を目指す投資商品であれば、よりリスクの高い
債券や株式で運用されるので、高い利益が出るかもしれないし、より下落するかもしれない。

こういった、投資債権の種類をまず知ることが必要です。

 

そして、これらに一つの投資信託債権だけ集中しないこと

一時にすべてを投資せずに、小分けに積み立てること。

これをあなたの投資信託の方法に、組み入れることで、
マイナスを抑制して、資産を増やしていく堅実な方法だといえます。

 

種類の違う投資信託商品に投資することで、
片方の損失を、片方がカバーさせること。

毎月積み上げることで、価格が下がった時には、債権の評価額も下がりますが
価格が下がった債権を再購入することで、評価額の損失を減らします。
債権価格が上がれば、それまでセーブされていた損失分を補い、利益に転換することを狙います。

積立投資信託であれば、評価が下がっても、複利計算式で運用されるため損失を抑え、
価格の上場の恩恵を受けることができます。

短期で求めた利益は、短期で失いますが、
長期で利益を求めることに特化すると、短期間での価格の下落ダメージを
さほど受けずに、運用を続けていくことができるのです。

 

以前の記事でも書きましたが、投資信託で注目されている、ひふみ投信。
この特色であるのは、国内外の再建に分散して投資していること、
出資金の最大50%を現金化しており、利益が出る債権を即座に購入することで
成長を続けています。

一つ、覚えておいてほしいのですが、
株と投資信託の基準価格の決まり方は全く異なっています。

株は、売りたい人がいて、買いたい人がいて、その両者の値段の上げ下げで
基準価格が決まります。

一方、投資信託は、託したお金で、運用者が運用した結果が基準価格となります。
なので、いくら現在価格が上がっていて、人気があり、購入する人が多くても
それが、価格の下落にはつながらないということを覚えておいてください。

つまり、ひふみ投信は運用方法が上手くいっているということになります。
当然、ひふみ投信で積立投資を始めるのはありだと思いますが、
実は探せば、まだ隠れている、第二、第三のひふみ投信があるのをご存知でしょうか。

セゾン投信なども、良い意味で類似している運用だと感がています。
ただ、その運用方法自体は似ていても違いますから、

ひふみ投信と、セゾン投信の積立投資信託に分散して投資するというのも
手だと思います。

 

セゾンカードを使って、セゾン投信を始めると、永久不滅ポイントなどが付与されるので
カードを作ることも検討している方は、セゾンカードからセゾン投信を始めるという
家庭にやさしい投資方法もあります。

ご参考になれば、幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


<スポンサーリンク>
松井証券口座開設

SBI証券口座開設サポート

GMOクリック証券口座開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年5月
    6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク


【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】


フレンドブログリンク