インフレリスクに負けない方法

この記事は2分で読めます

缶ジュースがを100円で買えた時代
覚えていますか?

そもそも100円だった時代を知らないという人のほうが
多いかもしれませんが
あなたは、130円を当たり前と思っていませんか?

 

1989年に消費税3%が導入されて
それまで100円だった缶ジュースが110円に値上げされました。
また、1997年に消費税が5%に引き上げられ120円に。
まだ記憶に新しい、2015年、消費税が8%になり、現在の130円に。

このように、それまで100円で買えたものが、100円では買えなくなる危険
これがインフレリスクです。

あなたも、ドリンクを一日2本ぐらいは飲んでいませんか。
たかが30円といっても、2本だと1ヶ月で1,800円
1年で20,000円も多く出費している計算になります。

ご家族、特にお子さんがいる家庭では、
さらに2倍、3倍の出費になるので、年間60,000円~の出費増に。

 

また、缶ジュースやペットボトルにかぎらず、
毎年4月に、食料品が値上げをする、価格を据え置いて
量を減らすといったニュースをやっていますよね。

 

食料品の値上げは生活に直結するので、
全体では、相当額の出費が増えているといえます。

 

もらえる給料はなかなか上がらないのに、
物価だけがどんどん値上げしてしまうリスクは、家計を圧迫しますよね。
このままインフレ傾向が進むと、
これから、もっと出費が増える可能性があります。

 

このインフレに飲み込まれると、
実質収入が減ることと同じなんですね。

そのために、インフレリスクに備えることが必要があります。

ではどうしたらインフラリスクに備えることができるのか。

冒頭で述べた、100円だった缶ジュースが
20年で130円に値上げされたことからも分かるように
この30円分を今の収入より増やすことができれば、
リスクに立ち向かうことができるということになります。

悲しいかな、銀行に預金していても、追いつかない増加率なので、
預金以外で増やすことが求められます。

 

インフレリスクに負けない方法の一つが積立投資信託です。

家計に負担をかけずに、
今では毎日100円単位で投資できる商品も増えていますので、
将来のリスクに立ち向かうためにも、
この機会に、積立投資信託を始めてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


<スポンサーリンク>
SBI証券口座開設サポート

GMOクリック証券口座開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ろくしょうです。

詳しいプロフィールはこちら

投資信託をコツコツと5年続けて、年収400万円プラスを達成したアラフォーサラリーマン。

REITで毎月の収入40万円達成。
積立投資信託で資産を毎月10万円の成長を構築。

投資信託の始め方、儲け方、選び方を身につけて
「不安」を「安心」に変えて「堅実」に収入アップ!「確実」に資産増大!

↓はじめての方はこちらからどうぞ↓

2018年5月
    6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

参加ブログランキング

応援よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


投資信託ランキング

スポンサーリンク

当ブログはエックスサーバーを利用しています。
エックスサーバーのご利用はこちら(Xserver

 

楽天証券

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

松井証券

フレンドブログリンク